薬剤師の仕事とは

薬剤師は、薬のスペシャリストであり、様々な場所で活躍することができます。
最もポピュラーな職場としては、やはり病院や薬局といった場所でしょう。病院や薬局では、医師が出した処方箋に従って、薬を調剤して患者さんに渡すことが主な仕事となっています。しかし、それ以上に大切なのが、患者さんの状態や症状、他に飲んでいる薬などを考慮して、その薬が本当に正しいものなのかということを確認したりすることも、重要な役割です。入院施設のあるような大きな病院の薬剤師は、入院患者さんの薬の処方や注射薬、点滴薬の調剤などの仕事も加わってきます。

最近、各地で増えてきているドラッグストアも、薬剤師の活躍場です。薬局や病院以上にお客さんとコミュニケーションをとることが重要であり、症状や悩みに応じて薬を勧めたり、相談に乗ったりします。
実はこの他にも薬剤師の活躍の場は広がっています。製薬会社で薬の開発を行ったり、化粧品会社で商品開発に携わったり。麻薬取締官や厚生労働省で薬事行政に関わるような、行政に携わった仕事も行うことができます。
このように、薬剤師の仕事や活躍の場は、実に多岐にわたっており、経験を積めば積むほど様々な場面で活躍することができるため、非常にやりがいがあります。そんな薬剤師の仕事を行うためには、薬剤師国家試験に合格をして薬剤師の資格を取得する必要があります。資格を取得するためにはどうしたらいいのか。ここでは薬剤師資格取得までの道のりをご紹介します。

Copyright © 2014 薬剤師の資格の取り方 All Rights Reserved.